Android端末での動作確認

 Android用アプリ開発に気が乗らない理由の1つとして、所持している試験用端末が少ない(IS04とKindle Fire HDのみ..)、というのがあった。3Dのアプリの場合、OSバージョン,CPU,メモリ容量,解像度だけでなくGPUの違いも気になるところで、シミュレータなどでは確認が出来ない。(Adreno, PowerVR, GeForce, Mali, etc)

ところが最近「Remote TestKit」という便利なサービスがあるのを知った。
これはAndroid端末のリモートレンタルサービスで、非常に安価で使うのも簡単。
価格は1時間945円。30分単位で1機種借りることができる。
10機種を30分ずつ合計5時間借りるとしたら、4725円。

使い方は、まずクライアントソフトをWindowsかMaxにインストールして、端末一覧から使いたい端末を選んで"レンタル"を選択。するとその端末の実機画面が表示されるので、OSのメニューから自分のアプリapkを選んでインストールする。これだけ。エミュレータの感覚で操作できる。
端末の"設定"が使えない、カメラに何も表示されない、センサー類が使えない、表示がなめらかで無い、などアプリによっては致命的な問題はあるけど、今の自分にとって夢のようなありがたいサービスだ。

IntelliJ

 Androidの統合開発環境はEclipseだけだと思ってたが、IntelliJというものがあることを知った。重くて不安定なEclipseを使わないで済むならAndroid開発にも興味が沸く。
まあまずはNative開発よりも、Unityで作った簡単なものを実験的に公開してみたい。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
others
mobile
qrcode