<< iOS6 | main | ハッピーセット >>

Unityでポストエフェクト

 AppStoreやUnityのAssetStoreから無料でダウンロードできる「AngryBots」という無料サンプルゲームが参考になる。実装されているポストエフェクトは、4つ。

【全てのエフェクトが有効の状態】
全部入り。

【被写界深度:オフ】
手前のオブジェクトのぼかしが無くなる。

【ブルーム:オフ】
光の滲みが無くなって、色味も変わる。

【反射:オフ】
床に映り込んだ光の反射が無くなる。

【ノイズ:オフ】
ザラザラとしたノイズが無くなる。

【全てオフ】
全て有効な状態と比べると、かなりスッキリというかグラフィックのインパクトが無い。

サポートされる端末が限られるし負荷も高いけど、ここまで印象が変わるなら、是非とも自分のアプリで実装を検討したい。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
others
mobile
qrcode