<< Facebookにアクセス(永続的なアクセストークン) | main | GlassPong2リリース! >>

Unityで作ったAndroidプログラムを実機で動かす

 ◆手順その1・・・ Android端末を用意する
    この時まで寝かせておいたsim無しIS04とケーブルを引っ張り出した。
    調べるとどうも伝説的な機種だったようだ。(悪い意味で)

◆手順その2・・・AndroidSDKをインストール
    インストール後、いくつかpackageを入れてtoolsにパスを通した。

◆手順その3・・・UnityのAndroidライセンスを購入
    Basicが34,000円、Proが127,500円。相変わらず購入方法が分かりづらい。

◆手順その4・・・Unityでビルド
    Androidライセンスのシリアルを設定すると、Android用にビルドできる。
    とりあえず細かい設定は無しでビルド。xxx.apkというファイルが出来た。

◆手順その5・・・USBケーブルで接続して実機にインストール
    ターミナルでコマンドを実行。
    XXX--MacBook-Pro:Desktop xxxx$ adb install -r xxx.apk 
    2129 KB/s (9530962 bytes in 4.370s)
     pkg: /data/local/tmp/xxx.apk
    Success
    おお!動いた!

keystoreの設定とか全くしてないのに、問題なく動いた。初めてiPhone実機で動かしたときの苦労と比べると、拍子抜けするほど簡単だった。何故かエミュレータにインストール出来ないが、今は置いておこう。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
others
mobile
qrcode